ハルクマ

kawabata haruka/日記とお知らせ

動物クロッキー

f:id:halkakuma:20180205022055j:plain

動物園でクロッキーをするのが好きです。

細かく描きこむのではなく、かたちを取るのが目的、

なので、わりとざっくばらん な状態で完成です。

短時間でささっと描けたらベスト。

 

f:id:halkakuma:20180205021813j:plain

持ち物は

鉛筆、鉛筆削り、消しゴム

全部普通のものを使っています。

デッサンのように描きこまないし、塗りつぶしたりもしないので、

普通の鉛筆削りで削って描いています。

 

f:id:halkakuma:20180205021817j:plain

今回はお家で描くので、

以前撮ったホッキョクグマの写真をモデルに。

個人的に、鉛筆はやわらかい描き心地が好きなので、5Bを愛用しています。

 

f:id:halkakuma:20180205023319j:plain

胴体・頭 のおおよその大きさを描きます。

最初に胴体を描いて、胴体に対して、頭はどのへんにあるかな?

と考えると、位置を取りやすいです。

 

 

f:id:halkakuma:20180205021935j:plain

鼻・足の底 を描きます。おしりも足しました。

縦と横の位置を確認しながら描くと、わかりやすいかもしれません。

前足とおしり、どっちが高いか、

前足と鼻、どっちが前か。

 

同じ動物をたくさん描いていると、ここまで描いておけば、

あとはある程度 想像で描けるようになります。

ここで終わりにすることもしばしば。

 

 

f:id:halkakuma:20180205021938j:plain

肉付けしていきます。

骨や筋肉・脂肪を意識すると描きやすいですが、これはじっくり観察して覚えます。

鼻が平ら、おでこが平ら、肩甲骨がでている、

首の下側はわりとまっすぐ、

左の前足と後足が近いので、お腹に肉がよって少しぽよっとしている、などなど。

 

f:id:halkakuma:20180205021941j:plain

目や耳を描き込みます。

背中とお腹、足のかたちなどもととのえて、終了です。

ここまでで、およそ3〜5分。

(はじめての動物だと、もっとだいぶ時間がかかります)

 

個人的に、動物園でクロッキーをするのは、

ある程度描き慣れた動物のほうが楽しいです。

なので、事前に写真を見て おおよそのかたちを取る練習をしてから

行くこともあります。

いまは、ホッキョクグマ以外のクマを練習中です。

 

以上、ご参考までに。

 

 

----------------------------------
webサイト